事業のご案内

未就学の発達支援を要する子供たちに対して、自尊心や自己アイデンティティを育てる支援を行います。また、育てにくさを感じる保護者に対して子育て支援を行う事業です。

学校(幼稚園、大学を除く)に就学している障害児に対して放課後または休業日に事業所において、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流などを行うものです。

訪問支援員が、保育所や学校などの障害児が集団生活を送る場所を訪問し、個別支援を行ったり、訪問先の担当者と協力して適応のための支援を行います。

「きっず・らるげっと」では子供たちが社会で生きていく力をつける支援をしています。
そのためには安心感と自信が大切です。

●一日の流れ

①学校・自宅お迎え 登所⑤おやつ
②手洗い・うがい・おトイレ⑥プログラム
③プログラム⑦帰りの準備
④昼食⑧送迎
個別の状況に合わせて柔軟に
スケジュールを組みます

●プログラム

○絵本・おえかき・創作活動
○体を動かすゲーム・学習○社会資源を活用したレクリエーション
○自然とふれあう体験学習○季節を感じるイベント 等
○クッキング・お買い物 等

●年間行事

1月…お正月・書初め7月…七夕
2月…節分・バレンタイン8月…夏の遠足
3月…ひな祭り9月…お月見・敬老の日
4月…お花見10月…ハロウィン
5月…こどもの日・母の日11月…秋の遠足・避難訓練
6月…父の日・避難訓練12月…クリスマス会